UA-38555714-1

コンセプト

フラワーコンシェルジュそれいゆは株式会社それいゆが運営するフラワーショップです。 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

line4.jpg

HOME > CONCEPT

rogo1.jpg
FLOWER CONCIERGE Soleil CONCEPT
with flower on the earth 地球上の花たちと



お花を見ただけでたくさんの
笑顔が生まれる、そんなお花を提供したい

お花を通して豊かな気持ちになれる、
そんな空間をつくりたい。

代表 吉田里早子の ふたつの思いから
私たちはスタートいたしました。

2009.5.20(wed)フラワ-ハウスそれいゆが新しく生まれ変わります。
思いをさらに実現するために
それいゆのもとに集まったスタッフと
地球上の花たちは
より上質なおもてなしとともに
フラワーコンシェルジュそれいゆでお待ちしております。

北風と太陽

ある日のこと、
北風と太陽が言い争いをしていました。

北風は、
「僕はなんだって吹き飛ばせるんだ!
 一番強いのは僕だ!」

太陽は、
「確かに君には力がある。
 でも一番強いのは僕だよ」

と、どちらも引きません。

そこで、力自慢をすることとなったのです。

「じゃあ、あそこに歩いている旅人の、
 服を脱がせたほうが勝ちってことにしよう」

まずは北風から始めました。

「あの旅人の服を吹き飛ばしてみせるよ」

と言いながら、「ビュー!」と、
冷たい風を旅人に勢いよく吹き付けました。

そしたら旅人は、「なんて寒いんだ」
と言いながら、更に一枚、服を取り出して、
今の服の上に重ねて着込んだのです。

それでも北風は負けまいと、
「ビュー!」と、冷たい風を旅人に吹き続けました。

しかし、旅人は、飛ばされないように、
服をしっかり押さえ、体を前かがみにして
歩き続けたのです。

北風は、とうとう諦めました。

「こんどは僕の番だ」

太陽はそう言うと、まず、ポカポカと暖かく、
そしてやさしく照らしました。

旅人は、「ポカポカといい陽気になってきたぞ」
と、重ね着していた服を1枚脱ぎました。

そして、太陽は、更にやさしい日差しを当て続けたのです。

歩いていることもあり、旅人は汗ばんできて、
ちょうど川沿いがあったので、一休みすることにしました。

太陽はその時、ここぞとばかり、
ジリジリと強い日差しで
旅人を照りつけ始めました。

旅人は、「こりゃたまらん!」と言って、
服を全部脱ぎ捨て、目の前の川に飛び込んだのです



rogo1.jpg
フラワーコンシェルジュそれいゆ
OfficialWebSite